伝統通背拳

通背拳は、無数にある中国武術の中でも特に実戦武術として有名です。
腕を大きく振り回し、スピード豊かに攻撃していく所が特徴となっています。


古い時代から伝わっており、現在では多くの支派が出現し、白猿通背、祁氏通背、五候通背、劈掛通背、六合通背などがあります。
伝説上の開祖は戦国時代の鬼谷子とされており、雲蒙山にて鬼谷が修行中に、猿の仕草を見て編み出したと伝えられています。

功賀武術会 中四国支部では、祁氏五行通背拳小架式を中心に、白猿通背拳も学べます。


当会で学ぶ!

祁氏五行通背拳小架式

中国 瀋陽 鄭剣鋒 伝

白猿通背拳

中国 北京牛街 張貴増 伝

気功 八段錦

中国養生気功法



功賀武術会 中四国支部について

2015年8月、功賀武術会本部の許可を得て設立。

愛媛県を中心に、中四国エリアの支部として活動しています。

当会で学べる内容

・祁氏五行通背拳小架式 (瀋陽・鄭剣鋒伝)
・白猿通背拳 (北京・張貴増伝)
・気功 八段錦
・武術基本功

・十路弾腿
・基礎鍛練の一環として、八極小架、劈掛一路なども学びます。

代表挨拶

功賀武術会 中四国支部 支部長の石川武志です。

中国武術、と聞くと、気の力だとか、難しい漢字や理論がたくさん、など、どこか神秘めいた怪しさを感じる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、実際の中国武術は、非常に合理的に人体を研究して発達してきた武術なのです。

 

日本人にはなかなか思いつかないような、中国人ならではの発想が散りばめられています。ぜひ異文化の世界に触れてみてください。

 

当会支部では、難しいことは抜きにして、肩ひじ張らず、気軽に体を動かし、中国武術ライフを楽しんでいただけることが一番だと考えております。

 

・ 健康促進のために。

・日ごろの運動不足解消のために。

・中国の伝統文化を学びたい。

・本格的な実践武術を身につけたい。

 

老若男女問わず、それぞれの目標に合わせた練習が可能です。 

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

【略歴】

1979年生まれ。

大学進学にともない上京、功賀武術会へ入会。

功賀武術会 代表 青木先生より通背拳などを学ぶ。

中国、瀋陽にて、鄭剣鋒 老師に祁氏五行通背拳小架式の指導を受ける。

中国、北京にて、張貴増 老師に白猿通背拳の指導を受ける。

地元、愛媛県で、功賀武術会 中四国支部を設立する。

 

現在、功賀武術会 中四国支部以外にも、中国古典 論語について学ぶ「愛媛論語教室」、また、古代中国法家思想の書、韓非子について学ぶ「韓非子集中講義」も主宰している。

 

第二十四号 論語指導士

(論語教育普及機構認定)

http://p-kies.net/rongo/#r1 (外部リンク)

 

※ それぞれ外部リンクです


功賀武術会 本部について

功賀武術会は、中国伝統武術を研究する目的で、1987年に後に当会主催者に就任する青木嘉教氏 他4名で設立されました。
会発足当初は、参加者各自の相互の研究が目的としており、そのため参加者はそれぞれが何らかの武術を学んでいました。
後年になり、青木嘉教氏が功賀武術会主宰者に就任。
就任後、氏独自の尽力により、本場の中国国内において中国伝統武術を習得できる現地パイプを持つに至ります。

 

…功賀武術会公式サイトより引用

※ 外部リンクです

外部リンク集